気になる?ホワイトニングの効果と仕組み

自宅で簡単マウスピース型

ホワイトニングをするにあたって、最初にクリニックでマウスピースをつくってもらいます。これにホワイトニングのための薬剤を入れ、歯に装着するというものです。マウスピースに入れる薬剤にも刺激の強さがあるので、歯茎にしみないものを段階的に使っていきます。一日15分程度マウスピースを付けた状態で過ごした後、外して歯を磨くというものです。
歯の白さ具合を判定してもらったり、薬剤の強さを調整してもらったりするために数ヶ月に1ヶ月はクリニックに行って診療をしてもらうことになりますが、家で簡単にできるホワイトニングなので、効果も抜群に速く、おすすめできるものです。ただ、薬剤やマウスピースなどは自費での購入ですので費用はそれなりにかかります。

クリニックで照射ホワイトニング

クリニックに行き、まずは最初の歯の白さを歯の模型で確かめます。そのあと、薬剤を歯に塗ってもらった後に目におおいをします。これはこの後に行う歯の照射の光が目に入らないようにするためのものです。薬剤を塗った後は光を当てて10分程度照射をします。温かい光が口に当たって薬剤が浸透しているんだろうなという感触を受けます。照射の後は仕上げ磨きをクリニックの担当の方にしてもらい、はじめに見た歯の白さと照射後の白さを比較します。すると確実に2段階ぐらいは変わっているのです。
あまり白すぎるのは嫌だというような要望にもしっかり応えてくれてそれ以上は白くならないように調整もしてくれるので、自分でするのとは違って安心して任せることができます。費用は自費負担ですので、最初で費用を確認することが大切です。