ホワイトニングのメリット・デメリット

ホワイトニングのメリット

歯科治療でよく行われている治療のうちの一つにホワイトニングがあります。日常生活を送っていたら歯磨きでは取ることが難しい汚れが付着する場合があります。こちら治療ではそのような歯の漂白を目的に行われています。
ホワイトニングにはメリットがいくつかあります。矯正治療と違い、歯を抜いたり削ったりする必要がありません。そのため患者に負荷はあまりかかりません。方法によっては白さを自分好みに調整する事も可能です。効果が表れるのが早いため、急なパーティーやお葬式でも間に合う場合がほとんどです。自分の歯で行うので、何度でも繰り返し行う事も可能です。一回で効果を出す即効性のある方法もあります。治療費ですが矯正治療と比べて格段に安く済みます。

ホワイトニングのデメリット

ホワイトニングにはデメリットもあります。ホワイトニングの効果は矯正治療とは違い、永久に続くわけではありません。パーティーなどの急な用事がは乗り切れても、その白さを保つには継続して治療を行う必要があります。その度に追加の費用が発生するのも、デメリットのうちの一つです。
自然の歯には効果がありますが、人口の歯には効果がありません。その場合には人口歯の交換が必要になります。人口の歯でなく天然の歯である場合でも変色が激しい場合には対応できない場合も多いです。
ホワイトニングには、このようなメリットとデメリットがあります。実際に行うかどうかについては、経験が豊富な歯科医師と良く相談をする事が必要になります。